前立腺がんの末期症状

前立腺がんの末期症状としては、尿が完全に出なくなることや、持続する微熱、全身の倦怠感、骨転移による骨の痛みなどが挙げられます。末期になってしまうと、それだけ治療によって症状を大きく改善するのは難しくなりますし、5年生存率も下がります。

初期症状の場合と末期の前立腺がんの深刻さの違いを端的に表しているのは、5年生存率でしょう。全がん協に加盟している施設が協同で調査した5年生存率を見ると、病期がステージ気らステージ靴泙任隆屬呂垢戮100%であるのに対し、ステージ犬砲覆襪51.1%と、急に半減します。

それでも他の癌と比べると、前立腺がんは末期でも生存率が高いと言えますが、決して良好な数字ではないことが分かるでしょう。

中には、腰痛のために病院を訪れたら、それが骨転移によるものであることが発覚し、すでに前立腺がんが末期症状を呈していることを知らされるというケースもあります。病院では骨シンチグラムによって、骨への転移を調べることができます。

このようなことにならないためにも、定期的な検診を受けておくことは重要です。特に65歳以上の罹患率が高いため、年齢が高くなってきたら、よりいっそう注意してください。

最近の研究では、遺伝子治療を行うことによって、前立腺がんが末期になっていても、延命効果を得られるという結果も発表されています。これは、ガン細胞にウィルスを投与することによって、症状の進行を遅らせるもので、骨転移が少ない患者さんには余命の延長も期待できるというものです。

広く実施される段階には至っていないものの、治療方法や新薬については世界中で研究されていますので、今後も優れた治療法が開発されることによって、末期症状でも回復を望めるようになったり、より余命を延長することができるような方法ができるかもしれません。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版

当サイトコンテンツ
前立腺がんの治療

前立腺がんの手術

前立腺がんの放射線治療

前立腺がんのホルモン療法

前立腺がんの治療法の選択

前立腺がんの最新治療

前立腺がんの検査

前立腺がんの症状

前立腺がんの末期症状

前立腺がんの転移

前立腺がんの骨転移

前立腺がんの生存率

前立腺がんの専門医

前立腺がんの名医

サイトマップ


Copyright (C)2007 前立腺がんの基礎知識 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system