前立腺がんの生存率

今後の見通しを考えるうえで大きな参考となるのが、前立腺がんの生存率です。過去の統計ですので、年齢や全身状態、治療のレベル等によって左右され、必ずしもこの通りになるわけではありませんが、過去の生存率は理解を助けるための有力なデータとなります。現実から目を背けず、ありのままを受け止めることが大切です。

前立腺がんの5年生存率の目安

ステージA:70〜90%
ステージB:70〜80%
ステージC:50〜70%
ステージD:20〜50%

前立腺がんの生存率の特徴

癌の中にあっては、高い数値となっています。進行が遅く、比較的予後の経過が良好ですので、発症したからといって、必ずしも死につながるとは限りません。また、高齢になってから発症することが多いため、積極的に治療を行わない待機療法でも、寿命に影響がない場合もあります。

前立腺がんの生存率を、難治がんの代表とされるすい臓がんと比べてみると、圧倒的に高い数値であることが分かります。すい臓がんの生存率は、ステージ兇涼奮で10%を切ります。それに比べると、前立腺がんの生存率は、圧倒的に良好な数字ということができるでしょう。

生存率を高めるために

前立腺がんに限ったことではありませんが、早期のうちであれば高かった生存率が、末期に近づくにつれて低下していきます。前立腺がんの場合には、根治手術ができればおよそ80%の10年生存率があるとされています。また、同じステージDでも、遠隔転移の状態によって、数値にも影響が出ます。

発見が遅れるということは、転移が進む時間を与えることになります。そのようなことにならないように、検査を受けて早期発見をすることが、重要な意味を持つのです。

また、名医がいる病院を見つけることによって、治療の質を高めることも生存率の向上につながります。手術やホルモン療法、放射線治療、抗がん剤を最適な組み合わせで用いることによって、予後の経過を良好にすることは、大きなテーマとなるでしょう。

癌が改善しなければ全額返金!
数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版

当サイトコンテンツ
前立腺がんの治療

前立腺がんの手術

前立腺がんの放射線治療

前立腺がんのホルモン療法

前立腺がんの治療法の選択

前立腺がんの最新治療

前立腺がんの検査

前立腺がんの症状

前立腺がんの末期症状

前立腺がんの転移

前立腺がんの骨転移

前立腺がんの生存率

前立腺がんの専門医

前立腺がんの名医

サイトマップ


Copyright (C)2007 前立腺がんの基礎知識 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system